オプション取引方法 GMOクリック証券のオプション取引に必要な指標の見方や状態、価格の把握について

オプションの指標

売買戦略に役立つ指標の基本を知ろう。

オプション取引では、IV(インプライド・ボラティリティ)、δ(デルタ)などの記号を目にします。これらはオプション価格の変化を計算するための重要な指標です。GMOクリック証券の日経225オプション取引の銘柄画面にも「オプション指標」として表示されています。それぞれが何を表しているかを解説しましょう。

IV(インプライド・ボラティリティ)は将来の変動率を予測したもので、予想変動率ともいいます。オプション取引を行う際は、インプライド・ボラティリティのトレンドに注目します。オプションのインプライド・ボラティリティが高い水準にある時はプレミアムは高価で、その後下降する可能性が高いためオプションの売り手に有利・買い手に不利な状況となります。オプションのインプライド・ボラティリティが低い水準にある時はプレミアムは低価で、その後上昇する可能性が高いためオプションの買い手にとって有利・売り手に不利な状況となります。

デルタガンマベガセータ はギリシャ指標とも呼ばれます。

デルタ(デルタ)は、原資産(日経225オプション取引の場合は日経平均)の価格変動に対するプレミアムの変化率です。通常、0〜1までの数字で表され、コールはプラスのデルタ値を持ち、プットはマイナスのデルタ値を持ちます。

ガンマ(ガンマ)は、原資産の価格変動に対するオプションのデルタの変化率。重要な指標であるデルタがどのように変動するのかを分析するために用います。

ベガ(ベガ)は、原資産のボラティリティの変化に対するオプションプレミアムの変化率。満期日までの日数が長いほどボラティリティの影響を強く受けることから日数の長いオプションの方がベガ値は大きくなります。

セータ(セータ)は、時間価値がどれくらいのスピードで減少するかを予想するための指標で、ディーラーやトレーダーにとって重要な要素の一つです。

4つの指標の中では、デルタが最も重視されていますので、参考にしましょう。

オプション指標

証券取引口座のお申し込み
FX取引口座をチェックしていただくとFX口座同時申込となります
FX専用取引口座のお申し込み
先物・オプション取引に関するご注意

日経225先物取引及び日経225オプション取引の価格は、対象とする株価指数の変動等により上下するため、これにより元本損失が生ずることがあります。また、投資金額全額以上の損失が発生する可能性があります。日経225オプション取引では、買方が期限までに権利行使又は転売を行わない場合、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。他方、売方は、証拠金の額を上回る取引を行うこととなるため、市場価格が予想と反対の方向に変化したときの損失が限定されず、元本超過損を負うおそれがあります。オプションを行使できる期間には制限がありますのでご注意ください。日経225先物取引及び日経225オプション取引(売建て)では、「SPAN(R)に基づき当社が計算する証拠金額×当社が定めた掛け目−ネットオプション価値の総額」の証拠金を担保として差入れ又は預託していただきます。 また、取引額の当該証拠金に対する比率は、証拠金の額がSPAN(R)により、先物取引全体の建玉から生じるリスクに応じて計算されることから、常に一定ではありません。
GMOクリック証券
商号:GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)
本社:東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
設立:2005年10月
資本金:43億4,666万3,925円
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会