オプション取引のコツ GMOクリック証券のオプション取引を上手に活用するコツ

オプション取引の活用法

現物株式のヘッジとして活用する方法もある。

日経225オプション取引の活用法として、保有中の現物株式のヘッジとして利用するという方法があります。利益を得るために売買するのではなく、株の資産を守るための保険としてオプションを活用するというわけです。1回のログインで株取引も日経225オプション取引も行うことができるGMOクリック証券なら、さらに利便性も高まります。

買った株を長期的にそのまま保有していることは、大きなリスクとなります。「買い」ポジションしか持てない現物株取引において怖いのが、リーマンショックの時のような大暴落です。多額の株式を保有している場合など、大きな損失を出してしまう可能性があります。そんな状態を避けるための保険として、日経225オプション取引の「プット・オプション買い」を利用するという手法があるのです。

前述したようにプット・オプションとは「売る権利」のこと。これをあらかじめ買っておけば、株が暴落しても権利行使価格で売ることができるために利益を出すことができます。株の暴落と相殺して大きな損失になることを防げるというわけです。

“保険”という観点からすると、保障期間は長く、保障額は大きく、保険料は安いものがベストといえます。つまり、満期までの期間がなるべく長く(時間的価値が高い)、権利行使価格はアット・ザ・マネーに近く、さらにプレミアムができるだけ安いプット・オプションを選ぶとよいでしょう。

何事も起こらなければ、そのプット・オプションは満期日に権利行使放棄、つまり価値は無くなるので、保険として考えることが大切です。

証券取引口座のお申し込み
FX取引口座をチェックしていただくとFX口座同時申込となります
FX専用取引口座のお申し込み
先物・オプション取引に関するご注意

日経225先物取引及び日経225オプション取引の価格は、対象とする株価指数の変動等により上下するため、これにより元本損失が生ずることがあります。また、投資金額全額以上の損失が発生する可能性があります。日経225オプション取引では、買方が期限までに権利行使又は転売を行わない場合、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。他方、売方は、証拠金の額を上回る取引を行うこととなるため、市場価格が予想と反対の方向に変化したときの損失が限定されず、元本超過損を負うおそれがあります。オプションを行使できる期間には制限がありますのでご注意ください。日経225先物取引及び日経225オプション取引(売建て)では、「SPAN(R)に基づき当社が計算する証拠金額×当社が定めた掛け目−ネットオプション価値の総額」の証拠金を担保として差入れ又は預託していただきます。 また、取引額の当該証拠金に対する比率は、証拠金の額がSPAN(R)により、先物取引全体の建玉から生じるリスクに応じて計算されることから、常に一定ではありません。
GMOクリック証券
商号:GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)
本社:東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
設立:2005年10月
資本金:43億4,666万3,925円
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会