先物取引のコツ GMOクリック証券の先物取引のチャートの見方やトレード手法について

チャートの基本

テクニカルチャートを活用して相場を分析しよう。

取引で勝つために重要な相場の分析には、「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」があり、日経225先物ではテクニカル分析が主流とされています。

テクニカル分析で使われるチャートにはさまざまな種類がありますが、最も基本的といえるのがローソク足です。これは、単位期間を定め、その期間中に最初についた値段を始値、最後についた値段を終値、最も高い値段を高値、最も安い値段を安値とし、この四つの値段(四本値)をローソクと呼ばれる一本の棒状の図形によって表して、時系列に並べてグラフにしたものです。

ローソク足

ローソク足と同様、多くの投資家が利用している移動平均線は、過去の一定期間のレート(一日の終値)の平均値をグラフ化したもの。一般的に、チャートには長期と短期の2種類の移動平均線が表示されます。シンプルに相場の方向性を見るほかに、短期移動平均が長期移動平均を上抜ければ(ゴールデンクロス)買いシグナル、その逆は(デッドクロス)売りシグナルなどというように使われます。

GMOクリック証券のチャートには、このほかにボリンジャーバンド、パラボリックSAR、一目均衡表が搭載されています。ボリンジャーバンドは移動平均を表す線を中心に、その上下にボラティリティを基にした最大変動幅を示すバンドを加えたものです。パラボリックSAR(Stop And Reverse)は、2本の放物線状の線を用いて売買シグナルを見ます。一目均衡表は基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンから構成され、「」を使ったトレンド判断が有名です。

テクニカルチャート

証券取引口座のお申し込み
FX取引口座をチェックしていただくとFX口座同時申込となります
FX専用取引口座のお申し込み
先物・オプション取引に関するご注意

日経225先物取引及び日経225オプション取引の価格は、対象とする株価指数の変動等により上下するため、これにより元本損失が生ずることがあります。また、投資金額全額以上の損失が発生する可能性があります。日経225オプション取引では、買方が期限までに権利行使又は転売を行わない場合、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。他方、売方は、証拠金の額を上回る取引を行うこととなるため、市場価格が予想と反対の方向に変化したときの損失が限定されず、元本超過損を負うおそれがあります。オプションを行使できる期間には制限がありますのでご注意ください。日経225先物取引及び日経225オプション取引(売建て)では、「SPAN(R)に基づき当社が計算する証拠金額×当社が定めた掛け目−ネットオプション価値の総額」の証拠金を担保として差入れ又は預託していただきます。 また、取引額の当該証拠金に対する比率は、証拠金の額がSPAN(R)により、先物取引全体の建玉から生じるリスクに応じて計算されることから、常に一定ではありません。
GMOクリック証券
商号:GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)
本社:東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
設立:2005年10月
資本金:43億4,666万3,925円
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会